講師紹介-松中

「まずは手を動かすことが大事」


松中 宏樹 (まつなか ひろき)


山口県下関市出身
京都大学大学院 情報学研究科 力学系理論分野 修士課程修了

【指導可能分野】
     中学数学
     高校数学
     高校物理
     大学教養数学(線形代数、微分積分学、集合・位相、
      ベクトル解析、群・環・体、微分方程式)
     大学物理教養
     数学検定対策
     統計検定対策(2級まで)

【勤務経験】
     富士通株式会社 地域医療連携システム開発

【所有資格】
     数学検定一級
     統計検定準一級




和講師松中




皆さんへメッセージ


私は中学校の時数学が「得意」でした。高校に入って「得意」から「好き」に、大学に入ってから「好き」から「大好き」に、
社会人になって「大好き」から「愛している」にかわり、遂に人生の伴侶とすることに決めました。
なぜ私がこれほど数学が好きかというと、やはり出発点は中学校の時に数学が「得意」だったことに始まります。
数学は小学校の算数から始まる積み上げの学問です。どこか一か所でもつまづいて「得意」でない、
できないと感じてしまうと、その後に学ぶ数学は見たくもない、大嫌いとなってしまいます。

私は高校二年生になったばかりの頃、物理が苦手で嫌いでした。次から次に力学の公式が出てきて、
先生が問題に公式を当てはめて解くだけの単調な授業が続きました。先生が書いた計算式は追えるのですが、
自分で一から解こうとすると手が止まりました。ある初夏の夜妙に目が冴えてなんとなく物理の問題集を
解いてみようという気持ちになりました。
上述の通り最初は全く解くことができず、答えを写しながら次々に問題を解いて(?)いきました。
そのうち公式の使い方や意味するところが分かってきて、少しずつ自分の力で解くことができるようになり、
まさに公式を体得することができました。興奮で眠れず朝まで何度も問題を解き続けました。
この夜以降物理を嫌いと思ったことは一度もありませんし、
この夜がなければ数学も人生の伴侶とするほど好きにならなかったかもしれません。
それほど特別な夜でした。

私が高校物理を好きになった上記の経験は、数学にも当てはまるはずです。
今数学を「苦手」、「嫌い」と感じている方は、答えを見てもいい、レベルを落としてもいいので、
まずは手を動かして「問題を解けるぞ!」と思える感覚を感じていいただきたいです。
そのうち「得意」、「好き」と数学に対する印象が変わってくるはずです。

私は数学が嫌いでも、受験や資格試験、業務等で数学を必要とする全ての方に寄り添っていきたいです。
盲目的に公式を覚えるのではなく、問題を解き、公式の意味を知り、一緒に体得していきましょう。
その結果一人でも多くの方の数学に対する印象が変われば、欲を言えば好きになっていいただければ本望です。
和には数学のあらゆるニーズに応えることができる講師が揃っています。
数学でお困りの方は是非和にお越しください。



Copyright (C) 大人のための数学教室 和®. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt