ファイナンス数学コース

ファイナンスを学びたいあなたに



趣味で数学を学ぶ

例えば、あなたは株を始めたものとして、
株を始めてから先月末の段階で、
20パーセント株価が上がったのですが
そのあと、今月初から20パーセント株価が下がりました。


あなたは安心します。

「20%上がってから、20%下がったのだから、
 まだ損はしていない。」

と。・・・本当にそうでしょうか??

数学をやっている人には
実は、「損」をしているということが分かりますが
これは高校1年生の数学「式の展開」で
既に多くの方が学んでいますが
現実の例になった瞬間難しいように感じることもあります。


今さら人に聞けないことから学べます


お客様のレベルにあわせて

「2年間の利回りが100%だと
 どうして年平均の利回りが50%ではなくて、
 41.4%になるの」

といったいまさら人に聞けない
基礎的なことから学べます
し、
単に数学を教えるのではなく、
経済や経営、ファイナンスに関する事例を
説明に用いることで、数学がどのように
実際に応用されるのかが理解できたり、
経済学やファイナンスを勉強していてで出てくる
概念の数学的裏付けが分かるようになります。

たとえば、価格理論で出てくる限界効用とか、
投資のリスクを図る尺度であるVaRといった概念を
数学的に理解できます。

数学的に理解することで、仕事に応用できる
数学的なスキルを身に付けることができます。


また、経済学やファイナンスの問題を数学的技法を用いて、
より早く解くことができるようになります。

※ 原則、経済・ファイナンスそのものは指導不可です。
  経済・ファイナンスに関連した数学は十分に指導可能です。





ファイナンス数学コース

こんな人にオススメ

・金融機関に就職したものの数学が苦手な方
・会社で財務をやっているけど数学が苦手な方
・MBA取得するための数学を学びたい方 ・経済・ファイナンス関係の大学院で学ぶ数学を理解したい方 ・大学で経済学を学ぶのに、きちんと数学的な根拠を知りたい方
・証券アナリスト・CFAの試験を受けるために数学を勉強したい人
・株など投資商品の数学的裏付けを知りたい方



学べる内容

●理解するための数学基礎
数列、指数、対数、微分積分、 行列 、確率、統計(推定、検定、相関、共分散、分散分析、時系列解析、多変量解析など)、最適化数学(線形計画法など) など

●専門用語の数学的背景を解説
収益率・利息などの計算、VAR(バリューアットリスク)、トラッキングエラー、ポートフォリオのリスク、ランダムウォーク、ブラック-ショールズ方程式、インプライドボラティリティー、ヒストリカルボラティリティー、プットコールパリティー、デュレーション、コンベクシティー など



Copyright (C) 大人のための数学教室 和®. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt