中学校数学マスターコース(各1〜3年)

 中学校1年数学マスターコース  中学校2年数学マスターコース  中学校3年数学マスターコース


数学の世界の始まりを学ぶ


中学校の数学から学び始めたい人へ


趣味で数学を学ぶ


小学校で学んだ算数とは違って、
数が初めて『抽象化』されてきます。

「数とは何だろうか。」 「図形とは何だろうか。」
というような新鮮な疑問を私達に改めて与えてくれます。

数が文字になり、方程式になっていく様子は、
我々が仕事をする上でもよく出てくる概念です。

中学数学の考え方を押さえておくことは、
様々な事象の抽象化のプロセスをたどることと同じです。


中学数学は、数学という新しい概念の始まりと、
高校への数学の入門分野として確立しています。

こんな人にオススメ

・中学校から数学を学び直していきたい。
・数学の苦手意識をなくしていきたい。
・公式ばかり覚えてしまって、数式の意味を深く理解していない。
・中学校のとき数学の授業をまともに聞いていなかった。
・中学校時代、不登校だった。
・准看護学校の試験対策を行いたい。



中学校1年数学マスターコース


数学の『対称性の始まり』からを学んでいく(正の数、負の数)

中学1年では、正の数、負の数から始まります。それは数字に対称性が生まれる瞬間です。
『マイナスとマイナスをかけるとなぜプラスになるのか?』
それは、疑問に答えることは数学の対称性に密接に触れる瞬間でもあります。
比例・反比例も扱い、方程式や関数の簡単な形について扱っていきます。



学べる内容

・ 正の数、負の数の計算
・ 平面図形や空間図形についての観察
・ 比例,反比例とそのグラフ
・ 文字(x,y)を用いた1次方程式



中学校2年数学マスターコース


イコールを結ぶことは、分からなかったものが分かるものに変わる瞬間

中学校2年では、まず方程式の性質を学んでいきます。
『イコールで結ばれる関係とはつまり何なのか?』
という疑問を、連立方程式を解く中で解決していきます。
確率、三角形の合同条件など新しい分野なども学んでいきます。
1次関数は高校数学へ続いていく高次方程式の基本分野です。



学べる内容

・連立方程式
・確率・樹形図
・平行線の角の性質
・三角形の合同条件
・1次関数



中学校3年数学マスターコース


数学の神秘である『素数』の初歩から学んでいく

中学校3年では、整数論の基本となる素数を学びます。
素数は、数学の中で奇妙かつ興味深い分野の一つでしょう。
素数が織りなす美しさはいつまでも世界中の数学者を虜にし続けています。

2次方程式や2次関数は日常の中で様々な現象を説明するのに役立つ分野です。
多くの衛星がうまく地球の周りをまわり続けるための計算は、2次関数が基本になっています。
野球のボールを投げたときに描くボールの軌跡は、2次関数そのものです。

因数分解は、それらの方程式を解析していくのに役立ちます。
つまり、この式は何を表しているのだろう、ということがより明確になります。
どんな複雑な2次関数も因数分解によって簡単でキレイな形にすることが出来るのです。



学べる内容

・平方根
・相似や三平方の定理
・簡単な2次関数
・簡単な2次方程式
・簡単な因数分解
・素数とは




Copyright (C) 大人のための数学教室 和®. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt