アクチュアリーの数学を学ぶ

アクチュアリー資格取得に必要な数学を習得



アクチュアリー試験に合格するために数学を学びたい!」

アクチュアリー資格試験では、大学レベルの次のような
特化した数学知識を求められます。

 ・確率論全般
   確率変数、確率分布、確率密度関数、分布関数、
   積率と積率母関数、特性関数、大数の法則など
 ・統計学全般
   推定、区間推定、検定、標本分布論、相関計数、
   最小二乗法など
 ・モデリング
   回帰分析、時系列解析、確率過程など

必要な数学だけを効率よく学ぶ「和」では、アクチュアリー試験の
受験を目的とした方に対して10名以上の指導・合格実績があり、
6名の担当講師が在籍しています。
指導科目は数学を始めとした、生保数理・損保数理・年金数理の
各科目における数学関連分野です。

数学以外の科目では具体的には以下のようなテーマになります。
 ・生保数理:利息計算、生命関数など
 ・損保数理:料率算定、信頼性理論など
 ・年金数理:計算基礎率、年金現価率など

アクチュアリー試験では確率・統計の理論部分もかなりしっかりと
出題され、統計学が試験科目となっている資格試験の
最高峰の一つと呼ばれています。


資格取得の数学を学ぶ

《アクチュアリー試験の基本情報》
試験の時期:年1回12月
受験者数・合格率:約1,500人・約10%
資格の目的・特徴:
ビジネスにおける将来のリスクや不確実性の分析、評価等を専門とする専門職。 年金数理人や、保険計理人になるための条件の一つで、統計検定や公認会計士(年金業務)との関連性も高い。




問い合わせフォームはこちら


数学学びスタイル例

趣味や独学で数学を学ぶ人の和をとりいれた学びスタイル

授業頻度  月2回〜週3回程度  資格に必要な数学だけ、それも学びたいタイミングで学ぶことで
 効率よく学ぶことが出来ます。
ご予算  月16,150円〜  勉強スタイル・場所等に合わせて柔軟に決めることが出来ます。

※現在、「電話・メール・FAXで質問」は"有料オプション"と記載がありますが、現在、無料になっております



0.最初の授業
最初の授業の際に、何を学びたいのか、どういう風な指導方針が良いのか、
宿題の出し方、今後の授業の流れなど
打ち合わせします。
目的や目標に合ったやり方でオリジナルな指導方法を用います。

1.通常授業
まず、学びたい単元の全体像やイメージを学びます。
一度も学んだことの無い単元でも、分かり易く、イメージとして
捉えられるようにお話していきます。
その分野の歴史的背景やなぜ勉強する必要があるのかなど
といった観点からもお話しますので学び始めるのにより親しみが持てますし、
楽しく数学を学べるきっかけにもなります。

全体像がつかめたら、最も基本的な問題を解き始めます。
すると、「なぜ?」という疑問が沸いてきます。
その一つ一つを解決していく中でその単元にの理解を深めていきます。
単元に関わる科学などの楽しい話も交えることで、
数学全体の世界観や日常とのつながりが分かるようにお話していきます。


2.宿題
勉強スケジュールに合わせて宿題をこなしていきます。
授業で学んだ問題の復習をすることで解法の定着を目指します。


3.電話・メール・FAXで質問
一人で勉強しているとどうしても分からないところが多く出てきます。
そんなときでも、気軽に質問できる、電話・メール・FAXでの質問サポートを
おつけしております。簡単な問題についてはメールでお答えしますが、
基本的には次の授業の際にまとめてお答えする形を取っています。
あらかじめ質問を講師に提出しておくことで、よりスピーディな授業
期待出来ます。




Copyright (C) 大人のための数学教室 和®. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt